HOME>人気記事>難関試験に突破するなら医学部予備校がおすすめ

難関試験に突破するなら医学部予備校がおすすめ

教室

難関医学部に合格するためには・・・

センター試験、大学独自の試験のどちらを受けるにしても、しっかりとした点数を残さないと合格できません。わからないことをなくすのはもちろん、苦手箇所は確実につぶすのが重要です。

勉強道具

豊富なカリキュラム

難易度の高い問題はパターンを覚えるだけでは対応しきれないこともあります。きちんと解決法を身につけることで、応用問題も解けるようになるでしょう。

学生

充実したサポートがある

講師にいつでも質問できることはもちろん、進路相談や心理カウンセリングまで用意されているところを選べば安心です。

私立と国公立医学部で違う授業内容

研究設備が充実している

国公立大学は理系の研究設備が充実していることが多く、最新研究に関われる機会も豊富です。

実践的な内容が多い

私立大学は国家試験合格を目指して勉強するだけでなく就職を見据えた授業が多く用意されているのが特徴です。

医学部予備校の特徴を知ろう

基礎固めを重視してしっかり行うところがほとんどです。安心して学習できるように名古屋には予備校に寮が用意されているところもあります。

医学部予備校に関するQ&A

教材

マンツーマンで教えてもらえますか?

クラスでの授業を提供しているところが多いですが、プラスアルファで個別授業を設けているところもあります。

進路指導してもらえますか?

医学部予備校の持つ情報を最大限に使ってしっかりと受験と進路の相談に乗ります。

勉強のやり方がわかりません…

予習復習のやり方から安定した勉強習慣が身に着くまでサポートします。

合格実績はありますか?

国公立、私立問わず合格実績が各社HPに載っています。自分の行きたい大学に実績があるかを確認してみましょう。

受講コースは選べますか?

今の状況に合わせて必要なコースを選ぶことができます。どれを選んだらよいかわからない場合はご相談ください。

医学部予備校のことを把握しておこう

各予備校で考え方やアプローチ方法が異なります。自分に合ったところを探すためにも情報はしっかり集めましょう。

医学部予備校で勉強をするべき理由

勉強

基礎を固める

医学部の難易度の高い問題を解くには必ず基礎力が必要です。改めて自分の学力にむらがないか確認をしてみましょう。

応用力を付ける

解法をパターンで覚えるだけでは太刀打ちできなくなる時が来ます。解法を理論的に学習して応用が利く力を身に付ける必要があります。

躓きに気が付く

自分一人では気が付かない引っかかったポイントを講師に明確に指摘してもらうことにより無駄な時間を使うことがありません。

情報を集める

大学入試に関する情報はあって損はしません。怠らずに常に最新情報を手に入れましょう。

やる気を持続させる

一人で学習しているとめげた時に誰も助けてくれません。クラスメイトと切磋琢磨することで長い受験勉強を乗り切れます。