HOME>コンテンツ>美術予備校は100万円前後用意できれば通える

美術予備校は100万円前後用意できれば通える

絵具と筆

デッサン力を磨くとよい

美術大学に進学したい方は、美術予備校に通うとよいです。入試では、デッサンなどの実技があります。パースやカタチの正確性、構図などチェックされますが、美術予備校で勉強するとデッサン力を身につけることができます。入試の際、美術大学によって好むカラーがあります。美術予備校に通うと、合格するためにどのような技術を身に着けるとよいのか、傾向と対策を教えてもらうことができます。自分でデッサンを練習しても、ズレに気づくことは難しいです。美術予備校に通うと、同じ目で対象を見ていないことや、自分の指の力と木炭の番号が合っていないなど客観的な指導を受けることができます。木炭の番号など少し変えるだけで、完成度が変化し、実力をアップさせることができます。

教師と生徒

経歴を調べるとよい

美術予備校に通うには費用がかかりますが、相場として年間100万程と考えておくとよいです。季節に合わせて講習会もあるため、合わせて参加するとよいです。授業料が安い場合、後から講習会等の費用が追加される場合があるため、平均的な授業料を支払う美術予備校だと安心することができます。画材も必要になるため、プラスして出費が必要なことを考えておく必要があります。デッサンが重要視されるため、デッサン力を鍛えてくれる美術予備校は評判が良いです。受験希望の学科の講師が在籍しているかチェックしておく必要があります。進学希望大学出身の講師が在籍していると、入試に対して具体的なアドバイスをもらうことがで、入試の際有利になります。