美術のことを学ぶなら美術予備校がおすすめ

独学で美術の知識を身に着けようとすると、ジャンルや時代を問わないため膨大な作業になってしまいます。美術予備校を頼って、創作に必要なポイントを先に押さえてしまいましょう。

美術予備校を選ぶ時のポイント

描く人

学びたい専攻があるか

彫刻や石膏になると予備校によってはコースが用意されていないこともあります。知識を身に着けるために通う予備校でも自分の学びたい実技が用意されているところを選びましょう。

借りられるアトリエがあるか

デッサン以外の創作活動は素材が独特かキャンバスが大きいせいで、ほとんどが家で行うのが難しい作業です。予備校に自由に使えるアトリエがあれば騒音や汚れなども気にせずにしっかりと創作に集中できます。

自宅から負担なく通えるか

講義の時間に向かうだけでなく実技の時間を取る必要があります。週に2、3日行くだけのつもりが休みなく行く羽目になることもよくあります。通うことが練習の妨げにならない環境を用意しましょう。

担当講師の作品を確認する

担当講師にも専攻があり、得意とする創作の系統があります。講師の過去の作品群を見て学びたいと思う講師のクラスを選ぶとモチベーション高く受験までの期間を過ごせます。

美大・芸大の合格率を見る

合格率の高い美大・芸大がある場合、その大学に対して強く対策ができている何かがあるはずです。それを最大限利用して自分が合格したい大学の合格率の高い美術予備校を選ぶと安心です。

美大・芸大に合格するために!

実技の訓練が必要なのはもちろんですが、筆記試験の学習も怠らないようにしましょう。筆記試験は美術に関したことと言うよりは、通常の大学受験同様に5教科7科目から指定の科目が出ます。

受験成功ができるページをチェック

教材

苦手をなくして得点を稼ぐ

個別指導塾や家庭教師は自分のペースで必要なことに特化して学習できます。確実に苦手な箇所をなくして、志望校合格への近道を作ります。

詳しくはこちら
教室

難関大の合格には予備校

難関大の医学部合格を目指すなら医学部予備校へ通うことを検討しましょう。難問を解くのに必要な基礎固めからしっかりと行ってくれます。

詳しくはこちら

予備校によって異なる!美術予備校の特徴を知る

絵具と筆

美術予備校ってどんなところ?

専攻に分かれて学ぶのが美術予備校です。知識を身に着けるクラスと実技クラスの大きく二つが取り込まれています。夜間クラスが用意されているところもあり、働きながらも合格を目指すことができます。授業のコマ数はそれほどありませんが、実技クラスの作品完成に時間がかかります。

教師と生徒

豊富な専攻コースがある

絵画とひとくくりの専攻から日本画や西洋画を区別する専攻など予備校によって専攻の分け方が異なります。やりたいことが明確に決まっていればその専攻に特化した予備校を選ぶと失敗しません。決まっていない時は彫刻まですべてできる予備校を選んで可能性を探しましょう。

[PR]
医学部予備校を東京で通おう
受験の合格率をアップ☆

美術予備校の特徴とは・・・

他の予備校とは異なり、実技試験の対策を打ってくれるのが美術予備校の最大の特徴です。講師がプロの芸術家であることも手伝って、的確なアドバイスがもらえます。

[PR]
家庭教師サービスを浜松で利用しよう
人気の高い会社を要チェック!

[PR]
名古屋の医学部予備校が一番
受験対策もばっちり